スポーツ障害

原因

スポーツが原因の障害は多種あります。
・テニス肘
・野球肘
・ゴルフによる腰痛
・疲労骨折など
上記の傷病以外にもいろいろありますが、主な原因として使い過ぎによる繰り返しの外力による負傷が多く見受けられます。

例)テニス肘
バックハンドによる長橈側手根伸筋と呼ばれる筋肉骨膜の炎症が原因です。

例2)ゴルフによる腰痛
一方向のスイングによる脊椎の歪みや偏った筋緊張が原因です。

スポーツによる障害はお任せください。
様々なスポーツ経験者のスタッフが待っています。

症状

例)テニス肘
肘の外側の痛み。じっとしていてもうずくこともあるが、大概は手首を曲げて力を入れたときに時に痛む。

例2)ゴルフによる腰痛
腰部の腰痛。時に運動痛や足のシビレなどが発生する。

施術法

例)テニス肘
長橈側手根伸筋の緊張をほぐすようにマッサージを行い、過度の牽引を除去します。
その後患部の炎症具合を確認し、アイシングやレーザー照射を行います。
最後にテーピングを行い、早期回復に努めます。

例2)ゴルフによる腰痛
骨盤や腰椎の歪みを確認し、患部を矯正します。
その後、周辺の筋緊張をマッサージで取り去ります。
近々コースに出る予定の人は、予防を兼ねて、テーピングを施します。

治療は勿論、早く現役復帰ができるように早期回復にも力を入れております。機能向上の相談もお任せください。

 

火の見下整骨院

火の見下整骨院

〒813-0035
福岡市東区松崎2-21-15
TEL 092-985-5377