産後の育児で骨盤は歪みます。

東区松崎で産後骨盤の歪みからくる
お身体の不調を解決!

火の見下整骨院 院長の髙司です。

 

骨盤は出産が近づくにつれて緩み、開いていきます。

実はこの段階では、歪みはひどくありません。

では、どのタイミングで歪みが大きくなるのか??

それは、、、

 

出産後の育児です。

 

育児の中でも毎日している授乳

 

赤ちゃんを抱いて猫背の状態になりますよね。

猫背の姿勢は、骨盤が後ろに傾いて窮屈な状態になるので、

骨盤は歪みやすくなるし、周りの筋肉も凝り固まってしまいます。

また、

赤ちゃんを抱っこしたまま家事をする

 

赤ちゃんを左右どちらかの骨盤にのせて抱っこしますよね?

乗せているほうの骨盤は上にズレ、反対側の骨盤は下にズレていきます。

 

授乳も抱っこも、産後骨盤が緩みやすいママさん達には大きな負担。

しかも、

育児は一日、二日で終わるものではありません!

毎日毎日少しずつ歪みや疲労が蓄積して、腰痛・肩こりの原因になってしまいます。

 

「楽しみながら育児をする」

 

そうは思っても、身体がきついと辛さばかり感じてしまいますよね。

だからこそ、

骨盤矯正をして身体を楽にする必要があるんです。

少しでも家事や育児が楽に出来るように。

火の見下整骨院では、毎日が忙しい子育てママさん達をしっかりサポートします。

あ!それと、、、

骨盤矯正は産後1か月~1か月半から行うのがオススメです。

出産直後は母体へのダメージがかなり残っているため、無理な矯正は逆効果ですからね!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です