矯正するとボキボキ音が鳴るのはなぜ?

東区松崎で産後骨盤の歪みからくる
お身体の不調を解決!

火の見下整骨院 院長の高司です。

 

 

当院では骨盤矯正をはじめいくつかの骨格矯正の施術を

行っておりますが、矯正の際になる「ボキボキ」という音に

驚かれる患者さんも多くいらっしゃいます。

この「ボキボキ音」、骨が鳴る音とお思いの方もいらっしゃると

思いますが、実はこの音が鳴る現象は「クラッキング」と呼ばれ、

関節と関節の間にある空気が弾ける音 なんです。

 

 

関節包の中には関節液が入っていて、関節を動かす・曲げるなどの動作で空気の泡

である気泡ができ、その状態で関節に負荷がかかると気泡が弾けるというもの。

ボキボキ音はその時の音なんですね。

 

患者さんから時々、「この音、骨が折れてそう」なんて言われたりしますが、

それは無いのでご安心を。

音が反響しやすい方とそうでない方がいらっしゃるので、

大きな音が鳴る方もいれば、ほとんど鳴らない方もいらっしゃいます。

ただ、

矯正で重要なことは音が鳴る・鳴らないではなく、

関節を動かし可動域を広げ柔軟性を出し、筋肉にかかる負担を減らして

痛みやケガの予防・姿勢の正常化を図ることです。

音を怖がらず、定期的に矯正しておきましょう!

 

どうしても音がイヤだという方は、問診の際にお伝えください。

当院では優しく関節にアプローチしていく「ストレッチ矯正」も可能です。

女性の患者さんにとても好評ですよ!

 

 

火の見下整骨院では、産後の骨盤矯正をはじめ

猫背矯正や腰椎矯正、手首や足首の矯正なども可能です。

日常生活やお仕事などで痛めたその身体、私にお任せ下さい。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です