”揉み返し” と ”好転反応”

東区松崎で産後骨盤の歪みからくる
お身体の不調を解決!

火の見下整骨院 院長の髙司です。

 

 

施術を受けた後に、肩や腰の筋肉が痛くなったりだるくなったり

した経験はありませんか?

いわゆる、”揉み返し” や ”好転反応” ですね。

 

 

”揉み返し”と”好転反応”って同じでは?と思われる方もいると思いますが、

実は全く異なるものです。

 

まず、揉み返しとは・・・

施術の時に強く押し過ぎることで筋膜や筋繊維が傷つき、炎症が起きている

状態。そのために痛みやだるさが出てくるもの。

 

対して、好転反応とは・・・

適度な刺激の施術によって身体の歪みが調整され、

正常な状態に戻ろうとする過程で一時的に出る

身体のだるさや眠気などのこと。

 

つまり、

 

揉み返しは出ては良くないもので、好転反応は出ても大丈夫なものなんです。

 

揉み返しが出た場合の対処法としては、

・炎症が起きている部分を冷やす

・ストレッチや運動は控える

・炎症を強くする飲酒は控える

以上の3点。

 

好転反応の場合は、

症状を無理に抑えたりせずに、眠くなったら寝るなど

身体の欲に身を任せ、水分を多めにとってゆっくり休みましょう。

 

 

施術者との相性や施術に対しての身体の反応。

揉み返しや好転反応の出方にも個人差があるため

火の見下整骨院で初めて施術を受けられる方に対しては

特に慎重に施術を行い、揉み返しが起きないよう注意しております。

 

反応が出やすく、デリケートなお身体の方も

安心して当院にお任せ下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です