福岡市東区で産後の骨盤ケアできます!

福岡市東区松崎で産後の身体の不調を解決!
火の見下接骨院院長の髙司です。

 

「妊娠・出産で骨盤がゆがむ」

 

ということを、耳にしたことがあるお母様方は多いかもしれませんね。

 

当店にも骨盤のゆがみが原因で
腰痛や肩こり、頭痛などでお困りの方が多いですから・・・

 

確かに、
妊娠・出産で骨盤がゆがむのですが

 

それは必要性があって歪むのであり、
女性は男性よりも骨盤が歪みやすく出来ているんです。

 

ではなぜ、

 

女性の骨盤はゆがみやすいのか?

 

今回はそのことについて書いていきます。

 

女性の骨盤がゆがみやすい理由

 

 

先ほど女性の骨盤はゆがみやすいと書きましたが
実際のところ、通常時ではそんなにゆがみません。

 

なぜなら骨盤の関節、
特に「仙腸関節」は強い靭帯でつながっているため、
ほとんど可動域は無いのでゆがみにくいからです。(常にグラグラ動くと、身体を支えることが出来ません)

 

しかし、出産を経験すると骨盤は歪みやすくなります。

 

なぜなら

 

骨盤の中で赤ちゃんが成長し、
出産時に産道を通ってでやすくするため
骨盤をつないでいる靭帯が緩み
骨盤がひらくからです。

 

 

出産が近づいてくると、
卵巣から「リラキシン」というホルモンが分泌され、
関節の靭帯を弛緩させる作用をします。
それによって骨盤が開き出産が可能となるのです。

 

簡単に言うと、出産するのに必要だから
骨盤が開いてゆがむのです。

 

 

しかしながら骨盤が不安定になるため、
身体を支えるために骨盤周りの筋肉が頑張りすぎてしまい
その結果として

 

腰痛になってしまうのです。

 

 

だ・か・ら

 

出産後の腰痛
子育てからの腰痛

 

女性の場合はどちらも
骨盤をしっかり整えるところから始まります。

 

女性にとって出産は大怪我をしたのと同じといわれるほど大きな出来事です。

 

ケガの手当てはすぐにしたほうが回復も早いですよね?
少しでも楽に動けるように、
出産後早期のうちに骨盤を元の状態に戻しましょう!!

 

火の見下接骨院は子連れのママさんでも
安心して施術が受けられるコースをご準備しております。

 

子連れのママさんコース詳しくはこちらをクリック

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です